So-net無料ブログ作成

「ますむらひろしが描く宮沢賢治の世界」展 [イベント(展覧会・講演会・研究会など)]

三島市の大岡信ことば館で「ますむらひろしが描く宮沢賢治の世界」展が7月から開催されています。
事前に御案内をいただいていながらなかなか出かけられずにいたのですが、ようやく行ってきました。

大岡信ことば館は、運営母体であるZ会のビルの中にありました。
三島駅から歩いてすぐの便利なところです。

建物.jpg

受付を入るとまずは物販コーナー。

グッズ1.jpg

展覧会のパンフレットと一緒に新作の本も平積みで置かれていました。

グッズ3.jpg

やまなし/ひかりの素足 (ますむらひろし版宮沢賢治童話集)

やまなし/ひかりの素足 (ますむらひろし版宮沢賢治童話集)

  • 作者: ますむら ひろし
  • 出版社/メーカー: 三起商行
  • 発売日: 2015/07/28
  • メディア: 大型本



オツベルと象/虔十公園林 (ますむらひろし版宮沢賢治童話集)

オツベルと象/虔十公園林 (ますむらひろし版宮沢賢治童話集)

  • 作者: ますむら ひろし
  • 出版社/メーカー: 三起商行
  • 発売日: 2015/07/28
  • メディア: 大型本



グッズ2.jpg

ヒデヨシの貯金箱も。

このフロアは物販中心で、展示はますむらさんが「銀河鉄道の夜」の中で描いた〝三角標〟の模型だけでした。

三角標.jpg

階段を上がったところが展示室です。

2階.jpg

撮影がOKなのは、残念ながらここまでです。
展示室内には、「アタゴオル」シリーズのカラー原画、「銀河鉄道の夜」(ブルカニロ博士編)の全原画、宮沢賢治シリーズの原画など、自筆原稿がたくさん展示されていました。
印刷では表現できない微妙な色彩や繊細なペンタッチなどが感じられ、あらためてその凄さを実感!
そのほか、ますむらさんが作画の参考に集めた岩石の標本なども展示されています。
また、漫画を描くのに使ったペン先が大型の牛乳瓶のような容器一杯に詰めたものが展示されており、これには漫画家の魂を感じました。
展示されている瓶は1990年ごろからのもので、ご自宅にはこうした瓶があと4本もあるそうです。

最後の方には、アニメ版「銀河鉄道の夜」の上映コーナーもありました。

銀河鉄道の夜 [Blu-ray]

銀河鉄道の夜 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: Blu-ray


この展示は、10月25日まで開催されています。
詳しくはこちらをごらんください。

ますむら・ひろしさんのブログ「ごろなお通信」にも、イベントなどの情報が掲載されています。


nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

お久しぶりです・うれしいアップ♪

行けてよかったですね。ここ、わたしは数年前に熱海に行ったついでに大雨の中、電車を降りたら、休館日でした。お隣の大学の今時のキャンパスにビックリしたっけ。

高畑さんの笑顔に胸キュンでしたが、コメントかけずにいました。
そうしたら、またまた新情報。少し書きますね。
ますむらさんの絵は独特で、昔は少しこわかったのですが、この頃新聞連載などでも身近に接していました。
もともと、子どもの時に接した絵が第一印象としてインプットされているから、わたしは古い挿絵が好きでした。でもいまは本当にたくさんの絵本がありますね。
先日、萩原先生を囲む勉強会、久しぶりに出られました。保阪家のことなど話題に出ました。九月が終わり、秋になります。賢治さんが熊谷に来てから百年目の夏が終わります。
半ば過ぎて、三島へ行けるかなあ。。。
by お久しぶりです・うれしいアップ♪ (2015-10-06 18:25) 

azalea

おひさしぶりです、近況もお知らせ戴きありがとうございました。

早いもので、今年ももう賢治祭が終わってしまいましたね。
エネルギー不足(笑)で、なかなかブログの更新もできずにいますが、何とかアップできました(汗)
一時、ブログはやめてしまおうとも考えましたが、最近は少しずつでもマイペースで更新していこうと思っています。

ますむらさんが文学館で講演されてからもう10年以上が経ってしまいました。
時の経つのは早いですね。
「銀河鉄道の夜」はまた描き直されるみたいですよ。

三島は少し遠いですが、何とか会期中に行けるといいですね。
by azalea (2015-10-06 19:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。