So-net無料ブログ作成

宮沢賢治詩集(白凰社版) [本の紹介]

「宮沢賢治詩集」というタイトルの本がどのくらいあるのか・・・?
なかなか見当がつかないところですが、今回の話題はそのうちの1冊です。
詩人の宮澤章二さんの資料を調べていて『宮沢賢治詩集』(浅野晃編、1965年 白凰社刊)の「鑑賞ノート」を書いたという記述をみつけました。
宮澤章二さんが賢治の詩をどう見ていたかということは、かねてから気になっていたところでしたので、早速読んでみることに。

宮沢賢治詩集(新装版).jpg

なるほど、何となく見たことのある表紙。
(ちなみに写真は初版のものではなく「新装版」です)
図書館なんかにずらりと並んでいるのを見た記憶が?
白凰社という社名だけではわかりませんでしたが、このシリーズの1冊だったのですね。

この詩集の特徴はルビがたくさん振ってあることです。
難読な語だけでなく、中学生くらいでは難しそうな語にもルビが振ってあるのですが、気軽に読むにはこれが意外と読みやすいのです。
ただし、元からのルビは旧かな、編者が追加したルビは新かななので、読んでいて何となく変な気もしなくはありませんが…。

で、肝心の「鑑賞ノート」ですが、これがなかなか含蓄があります。
宮澤章二さんの眼を通して、改めて賢治の詩の魅力に触れられたように思いました。

「解説ノート」の最後は、こう結ばれています。
「なお、私事を記して恐縮だが、私は賢治と同姓であるけれども、関係は全くない。」

実に宮澤章二さんらしい一文…という感じがしました。


宮沢賢治詩集 (青春の詩集 日本篇 5)

宮沢賢治詩集 (青春の詩集 日本篇 5)

  • 作者: 宮沢 賢治
  • 出版社/メーカー: 白凰社
  • 発売日: 1987/03
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

にじ

お久しぶりです。
さいたま文学館での宮澤さんの企画展。とてもよかったです。初めて知ったことがたくさんありました。ご子息兄弟の講演もまた、人間的な温かみが感じられ深い感動がありました。この本、是非とも読んでみます。


by にじ (2015-07-21 11:22) 

azalea

ご無沙汰しています。
宮澤章二さんの生涯や思想などはあまり知られていませんが、お金もうけや争いが嫌いなところは賢治と通じるような気がします。
この本は今は品切(絶版?)になってしまっているようですが、図書館なんかには置いてあると思います。
by azalea (2015-07-21 20:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。