So-net無料ブログ作成

ワシントン大聖堂に響く「雨ニモマケズ」 [作品に関すること]

4月14日の朝、たまたまつけていたテレビのニュースで、震災から1か月となった4月11日にアメリカのワシントン大聖堂で行われた「日本のための祈り」という礼拝の様子を報じていました。

この礼拝は、キリスト教は言うに及ばず、神道・仏教・ヒンズー教・イスラム教・ユダヤ教など宗派を超えた世界の主要な宗教の代表者が集まって、震災の犠牲者を追悼するとともに復興への祈りを捧げたもので(写真はこちらからご覧ください)、ワシントン大聖堂のサミュエル・ロイド3世首席司祭が祈りを捧げたあと、何と「雨ニモマケズ」が朗読(もちろん英語で)されたそうです。

「雨ニモマケズ」は、これまで詩人や研究者からさまざまに評価されてきました。
ずいぶん酷評されたこともありました。
そして、さまざまなパロディも作られてきました。
  「○○ニモマケズ/××ニモマケズ・・・」
  「雨ニモマケ/風ニモマケ・・・」
  「ヨクミキキセズワカラズ/ソシテワスレル・・・」
  「サウイフモノニ/ワタシハナリタクナイ」
日ごろ多くの人たちに笑いの対象にさえされてきた、「雨ニモマケズ」。
それがこの未曾有の災害の中で多くの人を勇気づけ、こうした宗派を超えた国際的な祈りの中で朗読される・・・。
震災を機に、「雨ニモマケズ」を見直したという人も多いと聞いています。
「雨ニモマケズ」が載っている文庫本の『宮沢賢治詩集』も、震災後にずいぶん売れているともいいます。
こうした一連の報道を読んで、まるで普段は周囲の人から馬鹿にされながらも、実は大切な仕事を成し遂げていた虔十の姿を思い浮かべました。
「雨ニモマケズ」という作品自体が身(?)をもって、作者自身が「サウイフモノニ/ワタシハナリタイ」との願いを込めた「デクノボー」の姿を示しているようにも思いました。


雨ニモマケズ(青空文庫)
英訳:Ame_ni_mo_Makezu(Wikipedia)
雨ニモマケズ (Ame ni mo Makezu) 英語版朗読(YouTube)
ニュース映像(NNN。残念ながら「雨ニモマケズ」の話はありません…)


(記:azalea)
nice!(0)  コメント(4) 

nice! 0

コメント 4

にじ・さきたま

「雨ニモマケズ」を歌っているシンガーソングライター、宇佐元恭一さんってご存じですか。私は3年か4年前のくまがや賢治祭でゲストで来ていただいて、知りました。南こうせつも絶賛したという、とても素晴らしいメロディの歌です。一度聞いたら忘れない、子どもたちとの合唱もすてきなハーモニー。熊谷では少年少女合唱団がレパートリーとして毎年歌ってくれています。
ジャーン、暫く忘れていましたが、今日の埼玉新聞に発見。
5/7に長沢純さんの芸能生活50周年コンサートがも佐倉市民ホールであります。元スリーファンキーズということですが、53才のわたしも見覚えのある方。そのゲストで、宇佐元さんが出演するそうです。今、100回横断コンサートを巡回中とありました。
とてもすてきな方でした。確かFMなどで番組も持っていた気がします。
お知らせまで。
震災・原発事故、賢治さんが生きていたらとてもとても悲しんだことでしょう。人間は謙虚にならねばと思います。
by にじ・さきたま (2011-04-27 21:09) 

azalea

宇佐元恭一さんの「雨ニモマケズ」は、私も何年か前にラジオで聴いたことがありますよ。落ち着いた感じの良い曲ですね。
その何年か前に、故人となられた加藤和彦さんが新結成のフォーク・クルセダーズで歌っていた「雨ニモマケズ」を聴いたのですが、それとはずいぶん違うなあ・・・と思いながら聴いた記憶があります。
多くの人の心の中に「雨ニモマケズ」が響くといいですね。

にじさんのブログにはさらにいろいろな情報が追加されていました。
みなさま、ぜひ併せてご覧ください。
http://blogs.yahoo.co.jp/sakitamashinbun/44988569.html
by azalea (2011-04-28 07:17) 

にじ

いつもありがとうございます。
今日の新発見は「中原中也全集4」角川書店。新刊と旧刊と、間違えて借りたために、思いがけない「みーつけた」。
中原中也は賢治さんのこと、たくさんかいているのですね。勉強したいこと、たくさんあるなあ。まだ、目次をみただけですが。。。
あとでゆっくり読んでみます。
by にじ (2011-04-28 22:51) 

azalea

システムの不具合なのか、一度投稿したはずのコメントのお返事がなぜか消えてしまいました。
申し訳ありませんm(_ _)m
あらためて書かせていただきました。

御覧になりたかったところが読めなかったのは残念ですが、すてきな偶然で良かったですね!
そういえば、中原中也記念館で何年か前に企画展をやっていて、興味はあったのですが、さすがに山口までは行けませんでした(^^;)
by azalea (2011-05-02 09:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。