So-net無料ブログ作成

広報にらさき7月号 アザリア記念会特集記事掲載 [アザリア記念会の活動]

保阪嘉内の生誕地韮崎市では韮崎市長とまちづくり懇談会をしたり、韮崎市立図書館、保阪嘉内資料館建設も具体的な方向性もでてきました。
アザリア記念会も市民団体としての多彩な活動に注目を浴びてきたようです。


広報にらさき7月号では「特集」保阪嘉内・宮沢賢治の友情を現代に伝える・・・
 2006年保阪嘉内・宮沢賢治生誕110周年を記念して実行委員会が設立され、記念の集い・記念展示会が市内で開催されました。
 現在も宮沢賢治の作品は多くの人に親しまれ、新聞テレビなどで取り上げられていますが、その宮沢賢治と盛岡高等農林学校で学び、また同じ理想を持ち、友情をあたためた韮崎出身の保阪嘉内について詳しく知る人は、市内でもまだまだ少ないようです。
二人の友情や青春の葛藤は、昨年の「なんでも鑑定団」でも話題となった「賢治から嘉内への73通の手紙」にも著されています。
 〝アザリア記念会〟は実行委員会の活動を受け継ぐ団体として発足。二人のかかわりや残された手紙(保阪家には他の二人のメンバーからの手紙も保管)を通して「アザリア」の主要メンバー四人の絆を現代に伝える活動を行っています。
と紹介されています。

市報.gif

「嘉内ゆかりの場所」の紹介、保阪嘉内、宮沢賢治についての紹介、市長とのまちづくり懇談会の様子など4ページにわたって掲載されています。
なおこの特集は7,8,9月号で連続して掲載されます。
ホームページでも見ることができます。
http://www.city.nirasaki.lg.jp/pdf/b3de17f5757ff4492cd52353c87a507.pdf


(記:むこうみず)
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。